清里ロータリークラブ旗

沿革・バナーの由来


仮クラブ設立    昭和44年 9月12日

承    認    昭和44年10月 8日

清里ロータリークラブ・チャーター伝達式
             昭和45年 5月17日(日)

         特別ガバナー   秋山康之進氏

         特 別 代 表     狩   野 力氏

創 立 会 員
          27名

         初代会長  村尾光雄氏

現  在  会  員
            (平成29年月現在)

          30名  平均年齢  61.7歳

         80代・・1名
          70代・・8名     60代・・10名
          50代・・5名     40代・・5名 30代・・1名
        

        MPHF受賞会員数・・・・・・・ 3名
        P H F受賞会員数・・・・・・・ 17名
        ベネファクター受賞会員数・・・1名



      バナーの由来

 町民憲章の序文にも、うたわれている秀峰斜里岳は、私たち町民の誰もが認める清里町のシンボルです。私たちは朝夕、斜里岳を眺めながら毎日の生活にいそしんでいます。町民の心のふるさとである雄大な斜里岳をバックに、今では登山道にもあまり見られなくなった『蝦夷ゆり』を配し
自然を愛する清里クラブのバナーとしました。