2017−2018年度

   活 動 計 画

年次活動計画




◎クラブ奉仕・クラブ組織委員会        委員長:森 崎 正 章
  
  クラブ運営の根本を成す当委員会は会長方針にのっとり、各委員会の連携を図りながら、より充実した委員会活動ができるよう一年間尽力する所存であり
 ます。
 各委員会の皆様にはよろしくお願い申しあげます。


親睦委員会                     委員長:村 島 浩 文

  会員相互の絆を深め又会員家族間の交流を深めるために、親睦委員会の活動推進に努めていきたいと考えます。
 目標達成のため以下の事業を行い、会員同志の連携を図り、一層絆を深めていく事を目指します。
   1.家族親睦会や家族レクレーション大会を実施する。
   2.親睦パークゴルフ大会を実施する。
   3.近隣クラブとの親睦会を開催する。
   4.近隣クラブの活動にも積極的に参加する。

出席委員会                     委員長:竹 端 義 弘

  クラブ例会の出席はロータリアンの三大義務の一つであります。「例会を楽しく、出席率向上」を目標に各委員会と連携を
 とりながら魅力と活力ある例会をと考えています。当委員会では年間出席率を90%以上を維持することと、無断欠席ゼロを目標に、例会を
 楽しんでもらえるように以下のことを推進します。
   1.毎月、100%出席者を発表します。
   2.例会に出席できない場合、メークアップするよう奨励します。
   3.地区大会、IMなど諸会合への参加を促します。
   4.最終例会で、一年間の100%出席者を表彰します。(メークアップ除く)

プログラム・情報委員会              委員長:奥 山 英 明
 
  会員相互の親睦及びロータリー情報の共有を図るとともに、職業奉仕活動、社会奉仕活動、会員意識の向上を目指しプログラムを構成致します。
   1.「ロータリーの友」・「ガバナーマンスリーレター」等による情報を提供を図ります。
   2.会員卓話は会員の職業に関する卓話をお願いし、会員間の職業情報共有を図ります。また、特徴あるゲストスピーカーをお招きいたします。
   3.会員事務所での移動例会を実施いたします。
   4.家庭集会は例会でテーマを定め、数回開催いたします。
   
SAA                         委員長:村 尾 富 造
  
   例会をはじめ各種の会議が秩序正しく、楽しい雰囲気で終始するよう下記の点に心掛けします。
   1.例会中の携帯電話について
      ・マナーモードに設定する事
      ・例会場から出て通話する事
     2.例会中、特に会長の時間、幹事報告、委員会報告、会員卓話中の私語を慎むように協力を求める。

◎職業奉仕委員会                 委員長:武 田 昌 三

  「四つのテスト」「ロータリー行動規範」をよく理解し、それぞれの職業において高い倫理基準をもち、事業および
  社会生活において日々奉仕の理念を実践する。
   1.例会での会員卓話により職業の知恵と経験を分かち合う。
   2.地域社会の改善を提言し、社会奉仕へのアプローチとする。
   
 
広報委員会                     委員長:渡 辺  忠

  広報委員会の役割は、クラブとロータリーに対する認識向上を図る事です。
  効果的な広報により広く地域社会にPRし、ロータリークラブを理解して戴くことを目的として、活動を行います。
   1.各委員会より情報収集し、ロータリーの活動について地域社会にお知らせする。
     具体的には交通安全運動・環境保全等各種行事に関する啓蒙。
   2.ホームページの活用と最新内容の更新。
   3.ロータリーの友等ロータリーに関する情報誌を図書館に設置する。
   4・クラブの活動や体験をメディア機関に紹介する。

クラブ会報・雑誌委員会               委員長:河 口  高

  クラブ会報は例会の記録と情報、クラブ活動状況などを早急に会員全てに情報を提供する事に努めます。
   1.理事会及び各委員会と連携し、会員に情報を提供し、幹事と連絡を取り確認をお知らせします。
   2.会報はホームページ上で提供、出来る限り速やかに提供します。
   3.会員への情報にメールアの活用を研究します。
 雑誌委員会として
   「ロータリーの友」を毎月図書館に提供していますが、活用の広報に努めます。
  

 ◎社会奉仕環境保全・青少年委員会        委員長:原 田 健 嗣

  地域社会の活性化と発展に貢献するため、何が必要か、何を求められているかを把握・検討し、無理なく実践できる事から
  計画し行動します。
 1.花と緑のまち清里のために、植生運動に参加する。
 2.環境保全のため道路清掃活動に参加。
 3.交通安全に伴う街頭啓発を実施。
 4.各種青少年活動への参加・協力と継続的支援

 ◎会員増強・退会防止・職業分類・会員選考委員会  委員長:樫 村 初 雄

   今年度の会員増強委員会としては、会員を増員する事はもとより、第一に退会防止に重点を置く!
   目標として
   1.クラブ会員2名を増やす。
   2.職業分類にこだわらず声かけをする。。
   3.関係委員会と連携し、新会員の溶け込みやすい雰囲気作りに努める。

 ◎国際奉仕・ロータリー財団委員会            委員長:南 部  陽

  国際奉仕委員会は、国際的な相互理解と親善と平和に役立つため、地域の各団体と連携をとり事業を推進します。
  また、ロータリー財団委員会では「ロータリアンが健康状態を改善し、教育への支援を高め貧困を救済する事を通じて、
  世界理解・親睦・平和を達成できるようにすること」と掲げられています。
  財団の活動を会員に紹介しその意義をよく理解してもらうように努め「毎年あなたも100ドルを」を推進して財団への寄付を募ります。
    1. 異なる国や文化の人々に対する認識を培い、相互の理解を深めるための交流を図る。
       (姉妹都市ニュージーランド モトエカ町との交流)
    2. 例会等に海外生活体験者・留学生など海外を経験した方のスピーチを通して視野を広める。
    3. ポールハリスフェロー、100%を目指します。
    4. ロータリーの最優先活動であるポリオプラスに協力します。
    5. ロータリー財団への寄付を呼びかけます。(年次基金・高級基金など)