「未来につなげる
   ロータリー活動を!」
奉仕の理想


  他人への思いやりは、奉仕
  の基本である。
  他人への援助はその表現  で ある。

  相共に、斯る行為は奉仕の
  理想を構成する。

  奉仕の理想はクラブ、職業、  社会及び国際奉仕を通じて  ロータリークラブ・及びロータ  リアンの活動において例証  されるのである。
  
    四つのテスト

言行はこれに照らしてから

1.真実かどうか
2.みんなに公平か
3.好意と友情を深めるか
4.みんなのためになるか
   どうか
 
クラブ No13520
清里ロータリークラブ 50周年 11月10日

              





























奉仕の理想はこちらのボタンをクリック
     
       
     
      201-2020度
    国際ロータリー会長
     マーク・ダニエル・マローニー
     会長メッセージ
 「ロータリは世界をつなぐ」        


      

       2019-2020年度
  国際ロータリー第2500地区
    ガバナー
     吉 田 潤 司 
            (釧路RC)
 「知らずて語れず!」

     


       2019-2020年度
  国際ロータリー第2500地区
  ガバナー補佐
     木 谷  実
       (留辺蕊RC)


 

清里クラブの紹介


2019-2020年度  会長  畠 山  出



  今年度、50年の歴史のある清里ロータリークラブ2019−20年度会長を務めさせて頂くことに
なり、身に余る光栄であると同時に責務の重大さを痛感してしております。
 2019−20年度会長マーク・ダニエル・マローニー氏は会長方針を「ロータリーは世界をつなぐ」
とされ、これを受けRI第2500地区吉田潤司ガバナーは方針を「知らずて語れず!」とし、ロータ
リーを学び、語り、楽しみ、そして誇りを持つことが必要であるとされました。
 我が町、清里町も少子高齢化、人口減少が進んでいるなか、発足当時27名の会員数が、現
在も29名を維持していることからも、先輩会員の方達がこの清里町でロータリー活動に誇りを持
って行動し、地域の皆様と一緒に楽しむことで、今の私たちにつなげて頂き、50周年という節目
の年を迎えることができました。その様なことから、今年度の会長目標を「未来につなげるロー
タリー活動を!」といたしました。この伝統と歴史あるクラブを先輩の皆様より引継ぎ、今の時代
を生きる私たちが、この時代に合わせた柔軟性を持って未来につなげる奉仕活動をしなければ
なりません。
 一年間、原田幹事と共に会員の皆様のご指導、ご協力を賜りまして次の世代につなげてまい
りたいと思いますので、どうぞよりしくお願い申しあげます。


■国際ロータリークラブ第2500地区 清里ロータリークラブ
■事務所:〒099−4405
       斜里郡清里町羽衣町31番地番地
       ホテル 緑清荘  例会場

■連絡先: 緑清荘      ■ 幹事: 原 田 健 嗣
       TEL0152−25−2281   TEL  0152−26−7321
       FAX0152−25−3281   FAX  0152−26−7322
事務局メール   harada@kiyosato-rc.net
               office@kiyosato-rc.net

■例会場:ホテル 緑 清 荘
      〒099−4405
      斜里郡清里町羽衣町31番地
      Tel 0152−25−2281
      Fax 0152−25−3281

■例会日:毎週 木曜日 12:10〜13:10